めろめろきゅん

twitter¦@snnnnr

明治東亰恋伽 Full Moon 感想

一応まだブログの存在忘れてないです。お久しぶりです。

 

最近はもっぱら乙女ゲームお休みしてポケモンの新作プレイしてました(^◇^)

やっぱりポケモンは楽しいですね!厳選環境もかなーり改善されていたのでやりこみ派の人には嬉しい仕様になっていたのではないでしょうか。ただ厳選しない人にとっては「仲間呼びシステム」がさぞかしうっとおしかっただろうと思います。ライトユーザーにとっても厳選厨にとっても快適な環境になるといいですよね。

着せ替えできるのも個人的には楽しかったです!6世代と等身が変わっていたのが最初は違和感ありましたが意外とすぐ慣れました。

ただこれだけは本当物申したい……なんでジム廃止したの……!!!!!!シリーズを続けていくうえでマンネリになってしまったとしても、各地のポケモンジムを制覇してチャンピオンを目指すっていう軸はブレてほしくなかったなぁと思います。

あと今回個人的にやることすべてがきっちり決められているのが堅苦しく感じてしまいました。わたしは手探りでうろうろするのが好きだったりしたので(笑)

色々不満点もあげましたがまだ楽しんでプレイしてますし、初恋のグリーンさんにも会えたのでポケモンSM最高でした!!!色メレシーちゃん出るまでは粘ります♡

ゲーフリさん初代第二世代の再リメイク待ってます!!!!!(大声)

 

そしてようやく乙女ゲームの話題(笑)

Vita版めいこい『明治東亰恋伽FullMoon』フルコンプしました~!

PSPでも以前プレイしたんですが、相変わらずめいこいは楽しかった……!

めいこいの最大の魅力って萌えとシリアスとコミカルのバランスのよさだな~と実感しました。あとどのキャラも個性的なことですね。

正直世間で言われているほど良シナリオという気はしないんですが(笑)、サクッと萌え補給できるのでわたしはめいこいお勧めします。ただキャラによってはスチルが誰おまレベルで崩れるので覚悟してください。

Vita版で新しく攻略対象になった岩崎桃介のルートがすごくよかったのでこれからめいこいデビューする方は勿論、わたしみたいにPSPでプレイしたユーザーさんにもぜひプレイしていただきたいです。

基本的にヒロインが明治時代にトリップする→攻略対象に拾われて生活していく→明治に残るか現代に帰還するかの選択をするという流れは変わらないんですが、どのキャラルートも決して金太郎飴じゃなく新鮮な気持ちでプレイできるので楽しめました。

特にヒロインが一人で帰還する選択をしたときの攻略対象の言葉がキャラの過去や人柄と相まってすごく胸にくるのでぜひBADもプレイしてみてください!

 

以下キャラ別感想です。若干のネタバレがあるかもしれないのでご注意ください。

続きを読む

数乱digit 感想

最近ボイきらを始めてちまちまプレイしてます。

福山さんが出てるとのことでプレイし始めたんですが、渡世くんがドストライクかわいいです。

 

 

先月オトメイトさんから発売された『数乱digit』フルコンプしました~。

 

ちょっと辛口です。

若干シナリオは短いもののキャラはよかった。萌えるイベントもあった。

ただシナリオの内容を後から振り返ると、「結局何だったんだ?」という感想しか出てきませんでした……

というのも学園モノとしてはイベントやら日常パートやらの描写が足りないし、バトルものとしても大体のキャラが戦う気がないのでイマイチ乗り切らない…

もっと戦わなきゃいけない状況を想定していたので拍子抜けしました。

 

あとヒロイン!無気力系ヒロインを期待してたのにめっちゃ面倒ごとに首突っ込むじゃん!!しかもその度に「本来の私はこんなんじゃなくて無気力なのに」っていう独白が多くてクソ鬱陶しかったです!!!!!!

あっでもそこそこ戦うし強いのでその辺はよかったです。

 

システムはいつものオトメイトさんだったんですが、個別に入ったとき他キャラルートと重複してあるシナリオを既読スキップ出来ないのは不便でした。

ただおまけSSが充実してたのはよかったですね!一部は本編に入れてほしかったですけど!!!

 

以下ネタバレ含むキャラ別感想です(^◇^)

続きを読む
広告を非表示にする

DYNAMIC CHORD feat.[rêve parfait] V edition 感想

タイトル長いよ。

 

よーーーーーーーうやく長年敵対していたゲームであるダイナーのCS版やりました。

結論から言います。めっちゃ楽しかったです。勧めてくれたフォロワーさんありがとう。ちゃんと初見で気になったキャラに落ちたよ3年ぶりに!!!!!!!!!

 

元から気になっていたタイトルではあったんですけど、ダイナーの展開がどんどんされていく中スタスカVitaの発売日がどんどん延期さらには発売日未定になるという事態が起こりわたしはハニビに怒っていました。もうダイナーには絶対手を出さないと誓いました。

だけど同じハニブラ作品であるブラハがとてもよかったんです。それに加えてスタスカVitaの発売日決定。(11月23日です。よかったら買ってください。)

気付いたらポチっていました初回限定版…………

 

ハニブラってことで構えてはいたんですけどブラハよりはライトだった印象があります。わたしがプレイしたのがCS版ってことももちろんあるとは思うんですけど。

攻略対象は4人中3人が女の子をとっかえひっかえしてるような問題物件!元カノめっちゃ出てくる!!めっちゃ敵意向けられてる!!!けど攻略対象たちは皆ヒロインのことを大切にしてるので不快感はあまりなかったです。

確かにハニビの既存作品とは違ってセクシャルなシーンもありましたが、キャラ同士が目的に向かって進む中での仲間との絆であったりヒロインと攻略対象の距離の縮まる様子はいつものハニビだった気がします。

あと驚いたのがシステム!シーンジャンプもシーンリストもあるし超快適でした。ハニビのコンシューマーゲームの記憶が青はじで止まってたのでびっくりしました。ハニビもやればできる!スタスカがさらに楽しみになりました(^◇^)

おまけシナリオもかなりのボリュームがあったので、未プレイの方にはぜひVita版をプレイしていただきたい!!!

不満点をあげるとするなら印象に残るスチルが少なかったことと、良い雰囲気の時に流れるBGMがリバソンのBGMだったことです。BGM1曲くらいどうにかならなかったのかな……

 

以下さらっとキャラ別感想(ネタバレ有)

続きを読む

灰鷹のサイケデリカ 感想

5年ぶり…?にブログ書いてます。

相変わらずゆるゆるゲームプレイしてるので乙女ゲームの感想を中心に書き殴っていこうと思います。時間が出来たら過去にプレイした作品もやり直したいなぁ。

わたしはブログお休みしてた5年間で立派なグッズ厨になりました(^◇^)

 

記念すべきブログ復活最初に感想を書くのはオトメイトさんから9月29日に発売された『灰鷹のサイケデリカ』です。前作である黒蝶のサイケデリカとは登場人物も舞台も異なりますが前作を匂わせる話が随所にあったり、仄暗い世界観や完全なハッピーエンドとは言えないエンドの数々にやっぱり『サイケデリカ』なんだなぁと思わせられましたね。前作をプレイしてることでトークエピソードの楽しめる度合いもあるエンドでの盛り上がりも桁違いだと思いますので、黒蝶→灰鷹の順でプレイすることをお勧めします。

以下ネタバレを含む感想です。

 

続きを読む